借金を免除する債務整理が自己破産

返せない借金を清算する自己破産

債務額が大きい、債務件数が多い、そのため返済ができないという方は抱えている借金を債務整理で免除することも可能です。これを自己破産と言います。
自己破産では、資産価値20万円以上の財産を債権者に分与して全ての債務を免除してもらうというシステムです。
よって、住宅、土地、自動車、生命保険など価値のある財産は失ってしまうことになるでしょう。しかし生活雑貨、家電、寝具、当面の生活費は残しておくことができるので住処さえ確保しておけば生活に困るということはありません。

自己破産を選択するメリット

また、自己破産が原因で賃貸物件を追い出される、職場をクビになる、選挙権がはく奪される、これまでに受賞した賞が取り消されるというような黒い噂もありますが、これらは正しい情報ではないので心配する必要はないでしょう。マイホームを持っている方で競売にかけられれば自己破産が周囲に知られる可能性もありますが、そうでないのなら自ら口外しない限りは自己破産することがバレることはほとんどありません。

確実にブラックリスト入りします

ただし、数年間は新たなローン契約やクレジット契約ができないというリスクはあります。生活を立て直すことを重視するのなら、借り入れできる環境から離れてしまうのは利点でもありますが、お金に困ることのないように計画的に生活をしていきましょう。長くても自己破産から10年で借り入れ制限は解除されますので、それ以降なら問題なく新たな借り入れをすることも可能です。
自己破産ができる人は基本的には選びませんし、債務額はいくらからでも破産することができます。しかし、自己破産申立て後の返済、クレジットカードでの買い物、財産の隠ぺいなどを行うと破産手続きが取り消されますので注意してください。