任意整理と自己破産の違いを解説

債務整理といってもその方法は様々です

債務整理といっても、色々な方法があります。その代表といえるものは、任意整理と自己破産です。通常は弁護士や司法書士に依頼して行うもので、費用は20万円から30万円ほどです。
任意整理は、債務額を一定期間内に分割で返済する方法で、定収入や売却できる資産がある人には、お勧めの方法です。
一方自己破産は、裁判所に破産宣告を行って、債務を帳消しにしてもらうもので、収入が少ないとか、売却できる物がない場合にはこちらがいいでしょう。

債務整理に共通する問題

いずれの場合も、債務整理を行った後には、一定期間お金を借りたり、ローンやクレジットカードを申し込んだりすることができなくなります。これは信用情報にブラックがつくためです。任意整理で5年、自己破産で7年と見ておくといいでしょう。ただし金融機関によって異なりますので、心配な場合は、自分が借りようとしている金融機関の信用情報機関に問い合わせて、自分の情報を閲覧されてもらうといいでしょう。この場合は、消費者金融、クレジット会社、そして銀行それぞれに、信用情報機関が設けられています。

自己破産だけに特徴的なこと

また自己破産の場合は、官報に破産者の氏名が記載されます。とはいえ、そのような欄に目を通す人はごく限られていますので、自分から言い出さない限りまず知られることはありません。また、士業や金融業の人の場合は、一時的に停職になることがありますし、経理や財政関連の部署に勤めている人は、異動ということもあります。
それから、特に自己破産を行った場合は、DMが来ることがあります。大抵は融資を謳う文章になっていますが、これは闇金である可能性が高いので、無視するようにしてください。闇金は違法の業者であるため、利用すると後で色々と面倒なことになるからです。
任意整理と自己破産以外の債務整理方法として、自分で裁判所に申し立てをして行う、特定調停というのがあります。調停委員会を通して返済額を決めるもので、任意整理とちょっと似ていますが、弁護士や司法書士を通さないので、経費が少なくて済むのがメリットです。