債務整理で任意整理を選ぶメリットと特徴

自己破産よりも任意整理がおすすめです

債務整理の方法としては、返済能力がないという場合は自己破産で解決することがあります。
しかしこの場合は借金はなくなるものの、職業に制限が出たり、価値ある財産を手放す必要もあり、デメリットも多い方法と言えます。
さらに裁判所の手続きも必要ですので、法律に関する知識もないと順調に手続きを進めていくことは難しくなってしまいます。
できるだけリスクを抑えて、迅速に手続きを行いたいという場合は任意整理という方法に注目してみましょう。
まず、減額された借金は3年程度で完済を目指していきますので、安定して継続した収入があることが大切です。

任意整理を選択するメリット

任意整理のメリットは、裁判所の手続きが必要ないということがあげられます。
それゆえに裁判所に提出するための様々な書類を用意する手間もありません。
裁判所を通さずに債権者に直接交渉していくことで借金の減額を目指していきますが、個人で対応が難しいと感じた場合は弁護士や司法書士に介入してもらうのも良いでしょう。
専門科に介入してもらうと和解が成立するまで返済をストップさせることができますし、取立てもなくなるのもメリットです。

より自由度が高く、影響を少なくできる

自己破産の場合は借金のすべてを整理していきますが、任意整理の場合は整理したい借金を選ぶことができますので、例えば保証人のいる借金はそのままにしておきたいという場合はその借金を除いたほかの借金を整理していくこともできます。
より自由度の高い債務整理を選びたいという場合にも向いている方法です。
手続きでは利息の引き直し計算も行ないますので、かつての高金利で借金していた場合にはそれだけでもかなり利息の負担を減らすことができます。
さらに将来の利息をカットして分割払いできるかなども交渉していくことができます。